白髪染めと普通のヘアカラーの違いはなに?

公開日時 登録者 Perales

白髪染めとヘアカラーは、どちらも髪の毛を染めるものですので、特に違いはないのではと、思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、これら2つは、大きく違うもの同士と言えるでしょう。
白髪染めの場合、こちらは白い髪の毛を染めるために作られています。黒い髪の毛用に出来ておりませんので、そのぶん白髪をキレイに染め上げることが出来るでしょう。また、一方でヘアカラーですが、こちらは黒髪を染めるために出来ているものでしょう。従って、若い方で、一度髪の毛を染めてから、また黒髪に戻される方がいらっしゃいますが、具体的には、それも白髪染めではなく、ヘアカラーと言えるでしょう。
ただし、どちらも髪の毛を染めるものですので、髪の毛へのダメージが両方とも考えられます。髪の毛を染める頻度としては、やはり白髪染めの方が自分で染める方が圧倒的に多いですので、ダメージもそれだけあるのではないでしょうか。1回キレイに染めても、根元の辺りから白髪がすぐに見えてきてしまいますので、そのぶん髪の毛や頭皮にかかる負担は大きいでしょう。
ヘアカラーは、ご自身でされてらっしゃる方もいますが、微妙なニュアンスの色に染まるからと、美容室でされている方もいらっしゃるでしょう。その場合、トリートメントも一緒に出来ますから、髪の毛へのダメージは、比較的防げるのではないでしょうか。
上述したように、白髪染めは、時間がないし自分で出来るからと、ご自身でされている方が多いでしょうが、やはりヘアカラーよりも頭皮や髪の毛への負担が大きいことが考えられますので、出来るだけ時間を作って、美容室でされる方が、トリートメントも出来、良いのではないでしょうか。