中小企業が金融業者からお金を借りるときに注意したいこと

公開日時 登録者 Perales

中小企業は、大企業と比べて資金力に劣るので、いかに資金調達をスムーズに行えるかが、経営を成り立たせるために重要になります。金融機関からお金を借りる際には、当該金融機関との信頼関係が大切となり、それは一般の人がお金を借りる際にも言えることですが、企業がお金借りる際は特にそれが重要視されます。企業が金融機関から融資されなくなることは、事実上経営の終わりを意味するので、まずはお金を借りる際の注意点を必ず把握して起きましょう。
第一に、なぜお金が必要かという目的を明確にすることです。この際、新たな投資を行うことなどのポジティブな理由であれば印象が良くなって借りやすくなり、逆に赤字の補填などネガティブな理由は印象が悪くなるので注意しましょう。次に、複数回融資を受けている場合には、その都度返済を確実に行うことです。いくらお金を借りたとしても、返済実績が伴っていてれば、また次も貸したいという気持ちになるので、今後もスムーズに融資を受けられるようになります。また、その場合はお金を借りる度に中小企業と金融機関の信頼関係が深まっていくので、融資可能な限度額も上がっていくでしょう。通常、中小企業のメインバンクはこのようにして形成されていきます。
次に、確実に返済できる計画を立てられるのであれば、必要としている資金よりも多めに借りておくと安心です。中小企業は急な出費に弱いので、多めに借りておけばいざという時に支払うことが可能になります。