ワキガは遺伝するのか?

公開日時 登録者 Perales

においに敏感な社会なので、無臭やよい香りが好まれる傾向にあります。特に、ワキというのは汗をかきやすい部位で、においが気になるという人が多いでしょう。一般的な汗のにおいと、ワキガのにおいは大きく異なります。一般的な背は、エクリン腺から分泌される汗で、水分と塩分からできていて無臭です。サラサラとした透明な汗で、運動した後などに、体温を冷やす目的で分泌されます。ワキガの場合、アポクリン腺から分泌される汗が原因になります。アポクリン腺から出る汗は、白くタンパク質を多く含んでいます。汗自体は無臭ですが、タンパク質を雑菌が分解することで独特のにおいを発します。
ワキガの原因はアポクリン腺ですが、アポクリン腺というのは生まれつき持っている人と持っていない人に分かれます。両親から遺伝されるものですが、確実に遺伝されるというわけではありません。両親ともワキガである場合は8割ほどの確率で遺伝し、片親がワキガの場合は50%の確率で遺伝します。
子供がワキガであるかどうかというのは、アポクリン腺が成長する思春期の頃に分かります。思春期というのはとても繊細な時期で、においなどに敏感になります。ワキガの遺伝を防ぐ方法はありませんが、汗をこまめに拭きとるなどのにおいの対策をすることで、改善はできます。同じ悩みを持っているからこそのわきが治療アドバイスもできるでしょう。ワキガというのは、不衛生が原因ではなく、汗腺の問題なので恥ずかしがる必要はありません。